小保方晴子さんの名前とSTAP細胞の名称が世界中のニュースとして放送された。小保方晴子さんという才媛理系女子の頂点のこの人を特集
アクセスカウンター

 
五嶋みどりファンクラブ 奇跡の猫  福岡スーパーマーケット 落語家 桂歌丸 STAP細胞小保方晴子


小保方晴子、世界中を驚かせた山中伸弥教授が発表したIP細胞、それ以上の発見のSTAP細胞の発表に世界中の研究者が驚いたビッグニュース、、小保方晴子教授、若干30歳の才媛、千葉県松戸市の出身。2002年、早稲田大学理工学部に、人物重視で選考するAO入試の1期生として入った。当時、面接で「再生医療の分野に化学からアプローチしたい」とアピール。ラクロスに熱中し、「大学生の青春に忙しかった」というふつうの学生生活を送っていた。担当教授から未来の展望に聞かれたとき、初心の再生医療開発研究の道へ、今理系女子の大いなる目標と後輩の道筋を開拓してくれた




 次のページ





リンクフリー、自由にお使いください




お問い合わせ、ご感想はこちらへ


















up