痔予防同好会、   肛門を痔から守る予防法   切れ痔、脱肛、痔核、時の痛みを防ぐ心得


外痔核、痔にならない炎症予防法
 
 
痔は痛みを感じて2日目と3日目が激痛のピークです。
痛くて、痛くてのたうち回るのが痔の激痛!!
 
17歳からオートバイでツーリングを楽しんでいました。
冬の寒い日にツーリングから帰り、
用をして便器を見たときに真っ赤になっているのを見て驚きました。
これが切れ痔の始まりでした。
痔がどうして切れるのか、
肛門がどうなっているのかも知識がありませんでした。
それから約30年激痛を伴う外痔核に苦しみました。
 
人に話せない、周りに痔の知識を持っている人もいない、
今のようにネットで簡単に検索もできない時代、
一人痛みに耐えていました。
 
寒い日に冷やすと切れやすいことが分かりましたが、
突然、激痛が襲ってくる外痔核については手の施しようがなく
悶々としていました。
 
長年、苦しんできた外痔核にならない予防法を伝授します。
 
ボラギノールの軟膏を
 
排便の前に付けることです。
排便の後に付けても効果はありません。
排便の前に付けることによって、
排便に伴う菌の付着を抑えます。
菌の付着させない予防になれば菌の増殖を抑えられます。
一番いいのはウォシュレットですが、

洗浄器もボラギノールもない時は、
 
排便の後でペーパーで軽く拭き取ったら、
水洗の水を流した後で、ペーパーを水にしたして、
肛門の周りが清潔になるまで水にしたしたペーパーで拭き取ることです。
 
一度、外痔核になると慢性の外痔核になります。
慢性化を防ぐためにも常に清潔にしておくおことです。
 
排便のときに出てくる痔核(脱肛)は外痔核の炎症を抑えることによって
少しずつ出なくなります。
 
排便のときに出てくるイボ状の痔は、
今は日帰りのプチ手術で簡単にできます。
私もプチ手術しました。

1回目→診察、プチ手術の予約、
2回目→直腸、大腸を空にすために浣腸をしますが、
横に寝てズボンを下げてお尻を出すだけです。
浣腸、排便が終わると、着替えて、麻酔で目覚めた時は
終わっていました。
切り取ったイボ痔はゴムのチューブのような1センチの長さでした。
医師が引き伸ばすと4センチくらいに伸びました。
プチ手術はこれ一回で済みました。
 
痔になる前の予防が大事、
清潔にしておくために排便の前に軟膏を付ける。
 
肛門はおならをしても汚染されます。
体の中で一番、汚染される部分だから、
一番清潔にしておくことです。
 
これを日常化するよう心がければ痔の悩みから解放されます。
 
 
 
 


    






ななみの知恵袋サイトTOP



慢性鼻炎を10秒で治せる方法



蓄膿症の治し方



前立腺肥大、頻尿、尿漏れの治し方



陥入爪、爪肉芽、爪の110番



水虫の治し方



花粉症の簡単な予防



外痔核、激痛の痔の予防



私の禁煙の道のり



七菜海の公式サイトTOPへ



メールは自由にどうぞ