私のホームページ奮闘記、このサイトは趣味のホームページです。還暦からPCを購入、ホームページビルダーでサイトを作成、ロリポップのドメイン、最安値のドットCOM(月380円)、
ホームページ作りは私からたばこ、酒、パチンコを辞めさせてくれました。楽しく運営、ホームページ奮闘記です。毎日知恵を絞り、小さな発見があると熱中して、
時のたつのも忘れるほど熱中、道楽、趣味、生き甲斐、いろんな遊びをしてきましたが、ホームページ作りが一番、お金のかからない道楽になりました。


世界ユネスコ遺産認定 和のおもてなし 和菓子芸術 匠の技の極意 作品のすべてが和菓子の材料で作られています。   菓子工芸展にて


ユネスコ世界文化遺産に日本の和食が認定されました。
和菓子も和食の文化に入っています。この作品は、全国和菓子工芸品の部門で出品された作品です。

 
工芸菓子は「山水花鳥風月」などの自然風物を写実的に、
かつ芸術性豊かに表現するものとして発展してきました。


お菓子を作る全ての技術を駆使し、あわせて絵の素養も必要になってきますので、
お菓子を作り人はいつか挑戦してみようと日々研鑽しています。

 
全国菓子大博覧会の出品作品から工芸菓子のいくつかをご紹介します。


お菓子の博覧会は、お菓子の祭典としてほぼ4年に1度、全国の各地を回って開催されています。

 
明治44年の第1回帝国菓子飴大品評会に遡ります。


菓匠により作られた工芸菓子が披露されます。優秀な作品には皇族による総裁賞、
内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞などが授与されます

 
これらの飾り菓子は、古くから鑑賞用として京都で作られてきました


始まりは、江戸時代の元禄享保の頃(1688〜1736)大奥で鑑賞された”献上菓子”にその端を発しています


和菓子の極意、日本人の勤勉さ、研究心、向上心、真面目さが本物に見間違う、山水、花鳥風月を産み出したものです。
















売り出し中の伝統大衆歌舞伎の若手、早乙女太一、大衆演劇の花形女形、愛称、流し目王子 大衆芸能は室町時代から庶民の中で生まれ、慣れ親しんだ芸能です。
 



世界文化遺産 能舞台 古典  



日本の銘刀 最強の切れ味 




黒澤明監督 用心簿 七人のさむらい 椿三十郎 

三船敏郎 真剣勝負 果し合い 決闘 
roninn Kept as guard by a gambing boss smurai toshirou Mihune

Samurai shodown a Japanees a katana

sepuk samurai Akira Kurosawa

Samurai sentai Shinkenger the Movie the Fateful War

seven Samurai

 


の花形女形、愛称、流し目王子

It puts on the market in Japan and he is a youngman of inner tradition kabuki,
Taichi Saotome, the star feminine role of public entertainments, a nickname, a sink eye prince






アクセスカウンター