和食前菜  和食盛り付け  刺身に花添えて  野菜彫刻  和菓子彫刻  包丁式  カービング  地 五穀豊穣  海 大漁歌  七菜海 
茶道  江戸芸術  能楽堂  古今和歌集  浮世絵  手仕事日本  空手女子  綾瀬はるか  北川景子  海 波遊び 





茶の伝来 栄西禅師が1100年代後半に中国からお茶の木を持ち帰り、京都の栂尾高山寺の明恵上人におくり、
植えたのが日本でのお茶の栽培の始まりといわれている。その後、他の地方でもお茶の栽培が行われたが、
栂尾のお茶を本茶、他の地方で栽培されるお茶を非茶と呼び、区別されていた。
 
茶勝負(闘茶)のはじまり

闘茶の3要素(茶室・道具・作法)
 闘茶が盛んになるにつれて、闘茶を行う場所の確保が必要となった。これが後の茶室の始まりである。


闘茶をするためにそれぞれの道具、たとえば茶碗・茶筅・茶器などが必要であり、その道具も自分の自慢の道具を出すようになり、
そういう面での競争もさかんとなった。


これが茶道具の始まりである。次に、闘茶を行うための順序・作法が次第に形作られ、これが茶の作法の始まりとなった


書院茶の湯(室町時代)、鎌倉時代のころから、茶を通じて人が集まるようになった。、
この茶寄合は、人間関係の形成など、単なる遊興の喫茶だけではなくなった。ここで初めて茶の湯が成立したといえる。


侘び茶へ(茶の湯の確立)
 琵琶法師の息子である村田珠光は、禅僧である一休宗純に参禅し、茶禅一味の境地を開いたとされている。


千利休の登場
  千利休は、堺の商人の子として生まれた。18才の時、武野紹鴎(たけのじょうおう)に入門し、
侘び茶を大成した。この二人の手により、茶道の工夫がさらに進んだのである。


織田信長が室町幕府を倒して政権を樹立すると、信長は茶頭として利休を召して、茶の湯の権威を誇った。


信長が本能寺の変によって倒された後も、豊臣秀吉に仕え、利休の茶の湯は一世を風靡することとなる。
このころになると、茶の湯と言えば千利休の茶の湯を指すことになり、茶の湯での天下統一がはかられた。


三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)
 その後、宗旦(そうたん)の息子のうち三人がそれぞれの流派をたて、千家は三千家にわかれることとなる。


これが、表千家・裏千家・武者小路千家の始まりである。


江戸時代以降の茶の湯
  江戸時代になると、古田織部、小堀遠州、藪内剣仲らにより大名の茶が盛んになった。


ちなみに、女性が茶の湯にかかわるようになったのは明治時代になってからである。


元来「茶湯」「茶の湯」といった。千利休は「数寄道」、小堀政一は「茶の道」という語も使っていた、


江戸時代初期には茶道と呼ばれた(『茶話指月集』『南方録』など)。
海外では「Japanese tea ceremony(=茶の儀式)」として岡倉天心が紹介し、以後その名前で定着する。


主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は
個々の美術品である以上に全体を構成する要素として一体となり、


茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされる。


現在一般に、茶道といえば抹茶を用いる茶道のことだが、江戸期に成立した煎茶を用いる煎茶道も含む。

和のおもてなし和食が世界文化遺産に認定されてから、茶の佗び寂、和敬静寂、主客一体、
茶道の作法が世界に広く伝わり茶と料理、茶懐石料理の発展に貢献していくのも和食の匠の使命





アクセスカウンター




このホームページは七菜海が個人で制作した趣味のサイトです。




茶事の行事に欠かせない和菓子、茶菓子、甘味と日本茶、抹茶


茶事の発展と共に工夫開発された和菓子、見て味わい、食べて満足できるお菓子の世界


茶道の教授と、和菓子の匠が織り成す見事なハーモニー和菓子の世界






アクセスカウンター




このホームページは七菜海が個人で制作した趣味のサイトです。


茶道の教授と、和菓子の匠が織り成す見事なハーモニー和菓子の世界
  茶道の実践 茶事
茶事とは少人数のあらかじめ招待された客を対象にして亭主が行う密接な茶会であり、
ひとつ椀で同じ濃茶を回して飲んでゆく。昼食として懐石を供してから茶をふるまう
正午の茶事が最も基本的な形とされるが、趣向によって夏場の涼しい時間に行う
朝の茶事 秋冬の長い夜をゆっくりと過ごす「夜咄し」などの茶事も行われるこ
ともある。趣向によって、屋外を茶室に見立てる野点(のだて)や、テーブル・椅子
を用いる立礼(りゅうれい)の茶事も行われる。


大寄せ
大寄せの茶会とは、多数の客を対象にして行う茶会である。
炭手前・懐石は省略されることもあり、道具の拝見を省略することも多い。
催事の添え釜として行われることもあり、複数の茶席を設けて並行してもてなすこともある。
客としてはもっとも気軽な催しの一つだが、亭主としては晴れがましい披露の場でもある。


献上茶事
献茶とも呼ぶ。神社仏閣寺院の御前で行う茶事。貴人茶碗で神仏へ茶を奉じる。
参加は一般も含む場合がほとんどだが、茶席は別に用意されており、お守りやお札を渡す場合もある。


口切り茶事
10月末 - 11月初旬に家元で行う年初めの茶事、5月に摘んだ茶葉を茶壺にいれ、
保管した壺の封を切り、臼を回して抹茶にする。篩にかけ濃茶薄茶の味をみる茶事で、
流派の1年を占う重要な茶事となる。


茶道に関係する音楽作品
宇治巡り(地歌・箏曲)

文化文政の頃、京都で活躍した盲人音楽家、松浦検校が作曲した手事(てごと)もの地歌曲。
箏の手付は八重崎検校。「喜撰」「雁が音」など、多数の茶の銘を詠み込み四季の順に配列しつつ、
春夏秋冬の茶の名産地宇治を巡り歩くという風流な趣向の曲。
大曲で二箇所の手事(楽器だけで奏される器楽間奏部)も音楽的に凝ったもので、転調も頻繁に現れ、
技術的にもなかなか難しい曲。「松浦の四つ物(四大名曲)」のひとつとされている。


茶音頭 (地歌・箏曲)
文化文政時代、京都で活躍した盲人音楽家、菊岡検校が作曲、八重崎検校が箏の手付をした手事もの地歌曲。
「茶の湯音頭」と呼ぶ流派もある。「音頭」は本来雅楽用語であり、
のち近世邦楽全般において広く使われ、この曲も民謡とは関係ないので注意が必要。
俳人横井也有の「女手前」から抜粋した歌詞で、
多数の茶道具を詠み込みつつ男女の仲がいつまでも続くよう願った内容。
三味線の調弦が「六下がり」という非常に特殊なもので、
独特な響きがこの曲独自の雰囲気を作り出しており、歌の節も凝っている一方で手事が長く、
八重崎検校の箏手付も巧みで合奏音楽としてもよくできているので、
現代でも演奏会でよく取り上げられる曲である。お手前の伴奏として演奏されることもある。