和食前菜  和食盛り付け  刺身に花添えて  野菜彫刻  和菓子彫刻  包丁式  カービング  地 五穀豊穣  海 大漁歌  七菜海 
茶道  江戸芸術  能楽堂  古今和歌集  浮世絵  手仕事日本  空手女子  綾瀬はるか  北川景子  海 波遊び 




フルーツ・カービングは東南アジアのタイ王国に古くから伝わる伝統芸で


起源は今から700年以上前のアユタヤ王朝にまで遡ります。


ひとりの妃が、灯篭流しの儀式の飾りにカービングを施したのが一番古い記録とされており、


その後カービングは宮中女性のたしなみとして、


親から子へずっと受け継がれてきました。


現代では、男女の区別なく広く一般的に行われるようになり、


タイ宮廷料理の飾りには欠かせないものとなっています。


カービング(carving)とは彫刻するという意味で


タイ語では ケッサラック(タイ文字)と言い


身近な果物(りんご、すいか)や野菜(にんじん、だいこん)をカービングナイフ1本で、


下書きせずに花や葉に彫り上げ、


料理のわきに添えたり、大きいものはテーブルの中央に飾って食卓を華やかに彩り、


お客様への おもてなしの気持ちを表す。


見て楽しむ料理、おもてなしされたお客は一生涯心に残ります。


和食用剥き物包丁、剥きもの小道具セット


和包丁セット、和食の料理人が取り揃え、使いこなしていく包丁、、






アクセスカウンター




このホームページは七菜海が個人で制作した趣味のサイトです。